「らんま1/2」とか「うる星やつら」などの作品で知られる高橋留美子さん。
彼女は有名無名問わず様々な作品を世に送り出してきましたが、その中にはアニメシリーズ化されず日の目を見ていないものもあります。
そんな作品たちを30分の間におさめて放送してくれるのが「高橋留美子劇場」です。

彼女の作品はいつも私にとって新鮮です。
「こんなことは起こり得ないだろう」というような非現実的なものでありながらも、考えさせられるシーンも多いからです。
彼女の作品は社会問題に一石投じるようなものが多いのです。

マンションのペット問題、目上の人に対する礼儀などそういったものが高橋留美子劇場で描かれているなと
感じました。そういったものが織り込まれているせいか、ストーリーにも共感しやすいです。
絵のタッチも繊細で素敵だと思います。

漫画業界は竹の子のように続々と新人がデビューしますが、高橋さんのようなベテランの方も活きる世界があって
凄く嬉しく思います。これからも現役で頑張って頂きたいです。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする